スポーツ

智弁学園、打線がつながり徳島商に快勝 16強入り - 第105回全国高校野球選手権大会

関連ワード:

【智弁学園-徳島商】智弁学園は九回、松本のソロ本塁打で11―5とリードを広げる=13日、兵庫県西宮市の甲子園球場

別の写真を見る

 第105回全国高校野球選手権大会第8日は13日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦4試合が行われ、奈良県代表の智弁学園は徳島商(徳島)に12ー6で快勝。2年ぶりの16強入りを果たした。

 

 3点を追う智弁学園は三回、打線がつながり4連打などで同点。五回、2点適時二塁打で勝ち越し。その後も加点。九回には大会15号となるソロ本塁打も飛び出した。守っては要所を締め、反撃をしのいだ。

 

 智弁学園は順調に日程が進めば大会第11日の16日第2試合で、花巻東(岩手)と準々決勝進出をかけて対戦する。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド