スポーツ

盛大な応援、選手の力に - 全国高校野球選手権記念奈良大会を振り返って

関連ワード:

2年ぶり21回目の夏の甲子園出場を決めた智弁学園=佐藤薬品スタジアム

別の写真を見る

 第105回全国高校野球選手権記念奈良大会は7月28日、佐藤薬品スタジアムで決勝を行い、智弁学園が高田商を8―1で破って2年ぶり21回目の夏の甲子園出場を決めた。ベスト4に勝ち上がったのは、春の近畿を制した智弁学園、初戦から有力校らと激戦を繰り広げてきた昨年王者・天理、5年ぶりに4強入りを果たした橿原学院、昨秋近畿ベスト8に入りながら今春のセンバツ出場を逃し雪辱に燃える高田商。コロナ禍の影響による制限の多くが解除され、本格的にブラスバンドの応援や入場行進等が復活。また今大会が初の夏となる学校や最後となる学校もあった。数多くの激戦が繰り広げられた大会を振り返る。(岩本)

この記事の残り文字数:1,025文字
(写真1枚 あり)

この記事はスポーツジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド