募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

歴史文化

大和古寺お参り日記【23】 - 宝山寺(上)

関連ワード:

秘仏の大聖歓喜天像が祭られる聖天堂

 宝山寺は大和と難波の県境、生駒山の中腹に位置する。この日は天気がよく、山の上から日本画のような春がすみの奈良盆地が見渡せた。

 

 鳥居をくぐると、境内から100メートルの高さにある般若窟(くつ)が右手にそびえる。役行者や空海が修行したと伝わり、現在は弥勒菩薩坐像を祭る。恐ろしい崖の上から地上を見下ろし、何を祈り悟ったのだろう。

 

 

境内から100メートルの高さにある般若窟。

 

 宝山寺は江戸時代、厳しい修行を重ねて寺に入った湛海律師によって開かれた。東條哲圓執事長によると「当時は荒れ果てた山で建物もほとんどなかったのでは」とのこと。湛海律師は不動明王を本尊とし、後に自身が信仰していた歓喜天(聖天さん)を鎮守神として祭った。境内の入り口に鳥居があるのはそのためだ。

 

聖天さんの拝殿前にも鳥居がある。

 

この記事の残り文字数:570文字
(写真枚数:2枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド