募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

歴史文化

大和古寺お参り日記【20】 - 壺阪寺(下)

関連ワード:

持統天皇の霊を弔うために建てられたとの説がある八角円堂

 本尊十一面千手観世音菩薩を祭る八角円堂は、藤原京を見渡せる同寺の一番見晴らしのいい場所に立つ。その立地から、藤原京を完成させた持統天皇の霊を弔うために建てられた、との説があるという。

 

 中国の都城に倣ったといわれる藤原京は、南に位置する高取山を聖山とし、宮の中心部と結んだ中軸線に天武持統陵や高松塚古墳、キトラ古墳など、天皇や皇子級の古墳が集中、「聖なるライン」と呼ばれてきた。壷阪寺はその終着点になるのだという。

 

藤原京から延びる「聖なるライン」

この記事の残り文字数:736文字
(写真枚数:4枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド