特集2024年春の高校野球奈良大会速報

政治

田原本に2万人規模の球技場、荒井奈良県知事表明「サッカーの聖地に」

関連ワード:

大和平野中央田園都市構想の球技専用スタジアムを含めた健康増進拠点イメージ(県提供)

 奈良県の荒井正吾知事は13日、田原本町に観客2万人以上を収容できる天然芝の球技専用スタジアムを整備する考えを示した。同日、奈良市法蓮佐保山4丁目のロートフィールド奈良で行われた日本フットボールリーグ(JFL)の「奈良クラブ」の試合後、集まったサポーターを前に表明。2万人以上は国内最上位のJ1リーグに対応できる収容規模で、荒井知事は14日、奈良新聞などの取材に対し、「サブグラウンドもつくり、サッカーの聖地のような場所にしたい」と語った。

この記事の残り文字数:560文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド