社会

違法な取り調べ受けたとして署員が奈良県を提訴 実弾紛失誤認で

関連ワード:

提訴後、記者会見する原告代理人の松田真紀弁護士(左)と岡野一洋弁護士=5日、奈良市内

 奈良県警奈良西署が拳銃の実弾を紛失したと誤認した問題で、実弾を盗んだと疑われた同署の20代男性署員が5日、県警から違法、不当な取り調べを受け、うつ病を発症するなど精神的苦痛を受けたとして、県に対し慰謝料や休職した半年間の賃金など約714万円の支払いを求めて奈良地裁に提訴した。

この記事の残り文字数:405文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「裁判・紛争」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ