社会

3年ぶり有観客「なら燈花会」開幕 古都の夏夜に揺れる明かり

関連ワード:

3年ぶりの有観客開催となり、ろうそくの明かりで彩られた「なら燈花会」=5日、奈良市の奈良公園浮雲園地

 夏の風物詩「なら燈花会」(なら燈花会の会主催)が5日、奈良市の奈良公園一帯で始まった。新型コロナウイルスの影響で有観客での開催は3年ぶりで、来場者は古都奈良を彩るろうそくの明かりに見入った。14日まで。

 

 奈良公園浮雲園地▷同浅茅ケ原▷浮見堂▷興福寺▷猿沢池と五十二段▷東大寺鏡池(13、14日のみ)▷春日大社参道(14日のみ)―の7会場で、並べたカップろうそくに火をともす。5日は午後6時から浮雲園地で火入れ式があり、出席者は10日間の無事開催を願った。

 

 点灯時間は午後6時30分から同9時まで。期間中、参加者がカップろうそくに火をつける「一客一燈」(一人500円)を受け付けている。

 

 8~10日には浅茅ケ原会場で「ほの灯りライブ」もある。

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ