政治

奈良市が県域水道一体化参加に条件 県の垂直補完かセグメント会計

関連ワード:

仲川市長も出席して開かれた第4回「市県域水道一体化取組事業懇談会」=4日、奈良市法華寺町の奈良ロイヤルホテル

 奈良県と県内27市町村で協議が行われている「県域水道一体化」について、奈良市の仲川元庸市長は4日、水道事業が黒字の都市部の自治体が、収益性が低い山間部などの自治体の赤字を実質的に補填(てん)する現在の一体化案を見直し、投資規模等に見合った支援を県が行う「垂直補完」に切り替えるか、同市に異なる料金体系を設定する「セグメント会計方式」を採用する案が認められれば、一体化に参加するとの考えを明らかにした。一体化事業は、11月の第4回県広域水道企業団設立準備協議会で「基本計画案」と「基本協定案」が示され、年度内には関係市町村で法定協議会設置の議決を得る予定だが、こうしたスケジュールについても見直しを求めたい考え。ただ、制度全体を見直すことになる同市の提案が県や他市町村に受け入れられるか不透明で、一体化事業は大きな局面を迎えることになりそうだ。

この記事の残り文字数:1,017文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ