歴史文化

興福寺が5日から2種類の「切り絵御朱印」授与開始

関連ワード:

 法相宗大本山興福寺(奈良市登大路町)は5日から、2種類の「切り絵御朱印」の授与を開始する。同寺で切り絵の御朱印を配布するのは初めて。 

 

 「東金堂御朱印」は東金堂と五重塔、「各堂宇共通御朱印」は正倉院御物(ぎょぶつ)をモチーフとした鹿の模様の切り絵が添えられている。参拝者の心に残る形で授与したいという同寺の思いから作成された。

 

 授与場所は寺の勧進所で、郵送対応は無し。御朱印料は各1000円。1人各1枚まで。問い合わせは同寺、電話0742(22)7755。

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ