特集奈良の鹿ニュース

スポーツ

奈良クラブ試合サマリー第18節

関連ワード:

 フォワードとして本領を発揮しだした浅川。得点量産に期待=奈良クラブ提供(撮影・塩澤成樹)

▽第18節  7月31日・ロートフィールド奈良   観衆 1205人

 

気温 36・6度 晴

ピッチ 良

 

 

【戦評】

 

 奈良クラブは浅川の2ゴールで完封勝ち

 

 

【順位】

 

 3位

 

 

【記者の目】

 

 浅川が覚醒。これまでオフサイドラインぎりぎりで仕掛けていた浅川が、この日は下がり気味のポジションから抜け出して本領を発揮。今季5ゴールで得点ランキング7位タイに浮上。

 

 これまで微妙なオフサイドの判定で得点が取り消され、ラインぎりぎりで相手ディフェンスとの駆け引きは主審、線審の印象にも強く残り不利な判定に傾くと判断。下がり気味のポジショニングで結果を残した。

 

 チームは暑さのためか、全体に動きが重かったが、最後まで集中力を保ち後半の得点に結びつけた。フリアン監督は「(暑さなど)難しい試合の中で、いろんな意味で選手たちの力を証明した」と話した。

 

 伊勢、長島が好アシスト。片岡のゴールに絡む動きも光った。

 

 不用意なミスからピンチを何度か招いており、GKアルナウの好プレーがなければ試合の流れは高知へ。修正したい。 

 

 8月は夏季中断期間となる。体力を回復し、鋭気を養って、8月下旬のリーグ再開に備えたい。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド