特集奈良の鹿ニュース

政治

佐藤氏、全域で1位 維新が躍進、立民低調 参院選奈良県選挙区 - 参院選2022

関連ワード:

 第26回参院議員通常選挙は11日、改選125(選挙区75、比例代表50)の全議席で当選者が確定した。6候補の争いとなった奈良県選挙区(改選数1)は、自民党現職の佐藤啓氏(43)が25万6139票、41.67%の得票率で再選。同党は非改選分と合わせて県2議席の独占を守った。比例代表で得票率上位となったのは3年前の前回選挙と同じ、自民党、日本維新の会、公明党、立憲民主党、共産党の順。各党が3年前より軒並み数字を落とす中、維新は8ポイント以上、得票率を伸ばした。

この記事の残り文字数:599文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド