社会

ホーランヤ3年連続中止 橿原の春日、八幡両神社

関連ワード:

 奈良県橿原市東坊城町の春日、八幡両神社で8月15日に行われる伝統行事「東坊城のホーランヤ」(県指定文化財、国選択無形民俗文化財)のたいまつ行事について、市は4日、主催する地元のホーランヤ奉賛会が中止を決めたと発表した。たいまつ行事の中止は3年連続。 「東坊城のホーランヤ」は橿原市の夏を代表する火祭り。東坊城町と古川町の氏子が、最大で高さ3メートル、直径2メートル、重さ500キロもある巨大なたいまつを担ぎ「エッサーホイサー」と威勢の良いかけ声とともに境内を練り歩く。

 

 コロナ禍前は境内を埋めるほどの来場者があり、奉賛会は「コロナ感染拡大防止と来場者の生命と健康を第一に考えた」と中止を決めたという。当日は非公開の神事のみを営む。

「伝統行事」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ