社会

ブロックとれんが投げ落としの男性を不起訴処分、奈良地検「公判維持に足る事実関係にない」

関連ワード:

 奈良地検は6月30日、奈良県橿原市北八木町3丁目の近鉄百貨店橿原店の屋上からコンクリートブロックとれんがを投げ落とし、通行人を殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで逮捕された大阪府八尾市の無職男性(36)を不起訴処分(嫌疑不充分)にしたと発表した。6月30日付。

 

 地検は不起訴の理由を「公判維持に足る事実関係にない」としている。男性は刑事責任能力の有無を調べるため、昨年12月27日から5月9日まで鑑定留置となっていた。

「裁判・紛争」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ