社会

開花「数年に一度」 奈良県五條で「ユクノキ」咲く

関連ワード:

「雪のように見える」ともいわれるユクノキの白い花=20日、五條市大塔町中原(山本誠さん撮影)

別の写真を見る

 山地に生えるマメ科の高木で、数年に一度しか咲かないとされるユクノキの花が奈良県五條市大塔町で咲いた。

 

 野迫川村から大塔町へ下る県道の対岸の山腹に最も多く見られ、咲き出したのは20日ごろ。長年通勤にこの道を利用している五條市役所西吉野支所参与の山本誠さん(61)は「今まで見たことがなかったので驚きました」と話す。調べてみると、花や葉の形状などからユクノキと分かった。

 

 資料には「開花は数年に一度」とあるが今年初めて気付いた。ここ数年で成長したのか、梅雨の真っただ中で目に止まらなかったのか、あるいは開花期が短いのかもしれない。

 

 名前の由来は「雪のように見える」からとの説が有力。直径1・5センチほどの小さな花が無数に付いている。22日はハラハラと散る風情も雪のようだった。付近では今、ウツギ(アジサイ科)やマタタビ(マタタビ科)の白い花も咲いている。

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ