社会

大和郡山で「藍山会」作品展 独自技法での作品も

関連ワード:

藍染めの魅力を伝える作品が並ぶ「藍 燦燦」本藍染作品展=23日、大和郡山市北郡山町のやまと郡山城ホール

 奈良県大和郡山市北郡山町のやまと郡山城ホールで23日、藍染めの創作グループ「藍山会」(10人)の作品展「2022西井康元と藍山会33周年記念『藍 燦燦(さんさん)』本藍染作品展」が始まった。同会を主宰する同市の藍染工房「ふれ藍工房綿元」の藍染作家、西井康元さん(72)と長男・元洋さん(40)の作品を含む、大きなタペストリーや額装、のれん、衣服、小物など約80点を展示。藍染めの魅力を伝えている。6月27日まで。

この記事の残り文字数:322文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「趣味」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ