社会

橿原市昆虫館「オオムラサキ」 鮮やかな羽色 迫力

関連ワード:

鮮やかな羽を広げるオオムラサキのオス。葉にはメスが生んだ卵も見られた=23日、橿原市南山町

 奈良県橿原市南山町の市昆虫館で、国蝶のオオムラサキが羽化し、鮮やかな青紫色の羽を広げている。

 

 オオムラサキは、体長約10センチになるタテハチョウ科の大型蝶。市昆虫館では人工繁殖に取り組んでおり、今年は5月末に初めての羽化を確認した。

 

 屋外の飼育室では、例年同様1000匹以上の羽化を見込む。来館者は、同館の温室や透明のケースで7月中旬まで観察できるという。

 

 同館の担当者は「オオムラサキは美しくて、迫力がある。観察して、身近な自然に目を向けてもらうきっかけにしてほしい」と話している。

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ