政治

若者の政治参加へ啓発 生徒会選挙通じ体験 - 参院選2022─未来への選択を前に(3)

関連ワード:

開票作業を行う生徒たち=5月13日、奈良市六条西の県立大学付属高校

 選挙権年齢を20歳以上から18歳以上へ引き下げた改正公職選挙法の施行から6年を迎える。国政では前々回の2016年参院選が初めてで、奈良県内での18歳の投票率は55.51%だったが、その後、急激に低下する。前回19年の参院選では37.97%と17ポイントも下回った。各自治体の選管や学校などは啓発活動にあの手この手を尽くす。有識者からは「段階的に政治を身近に感じる取り組みが必要だ」との声が上がる。

この記事の残り文字数:819文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「参院選2022」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ