スポーツ

レギュラー・あすか野ファイターズが優勝 - 第3回上武建設グループ杯野球大会

関連ワード:

レギュラーで優勝したあすか野ファイターズ=生駒市上町の北大和野球場

別の写真を見る

 第3回上武建設グループ杯野球大会(生駒市スポーツ協会・生駒市軟式学童野球連盟主催、上武建設グループ・労働金庫協賛)は4、11、12の3日間、生駒市の北大和野球場で行われ、小学6年生の「レギュラー」はあすか野ファイターズ、小学5年生以下の「ジュニア」はあすか野ファイターズBがそれぞれ優勝した。準優勝は、レギュラーは鹿ノ台バンビーズ、ジュニアは壱分Jr.シャインスターズB。

 

 初日のレギュラー1回戦第1試合はあすか野ファイターズが6―1で生駒ドラゴンズを圧倒。あすか野は四回に勝ち越し、五回にも得点して突き放した。同第2試合は生駒クラブライオンズが11―0で生駒東少年野球クラブを完封。生駒クは初回から3回まで毎回得点しリードを広げ、生駒東を寄せ付けなかった。

 

 ジュニア1回戦第1試合はあすか野ファイターズBが7―0で生駒ドラゴンズBを完封。あすか野Bは初回6点の猛攻で試合を決定づけた。第2試合は鹿ノ台バンビーズBが生駒GKブロッカーズBに3―2の辛勝。鹿ノ台Bは二回以降、得点を重ねリードを広げた。生駒GKは四回に1点差まで詰め寄ったが及ばなかった。第3試合は壱分Jr.シャインスターズBが生駒クラブライオンズBに12―5で快勝。2点差で迎えた五回に一挙8点の猛攻で生駒クBを振り切った。

 

 2日目ジュニア準決勝第1試合はあすか野ファイターズBが8―4で鹿ノ台バンビーズBに快勝。あすか野Bは初回8点の猛攻で試合を決定づけた。第2試合は壱分Jr.シャインスターズBと生駒東少年野球クラブBが互いに一歩も譲らず3―3のタイブレークとなり、タイブレークでも決着がつかず、抽選で壱分Bが決勝戦に進んだ。

 

 最終日のレギュラー準決勝第1試合は鹿ノ台バンビーズが7―5で生駒クラブライオンズに勝利。初回、生駒クが先制したが、鹿ノ台は二回に逆転。生駒クは2度追いつく粘りを見せたが、4回に勝ち越した鹿ノ台が逃げ切った。第2試合はあすか野ファイターズが2―1で壱分Jr.シャインスターズに辛勝。壱分は7イニングを戦ったが、あと一歩及ばなかった。

 

 決勝はあすか野ファイターズが9―1で鹿ノ台バンビーズに快勝。二回にタイムリーで先制し、一挙8点と打線に火がつき、鹿ノ台を寄せ付けなかった。

 

 ジュニア決勝はあすか野ファイターズBが9―2で壱分Jr.シャインスターズBに快勝。2―2で迎えた五回、あすか野は打線がつながり、一気に7点を挙げて試合を決めた。

 

 

ジュニア2位の壱分Jr.シャインスターズB=同

 

【あすか野ファイターズ―鹿ノ台バンビーズ】二回、ランニングホームランも飛び出す長打攻勢で8得点したあすか野ファイターズ=同

 

あすか野ファイターズへ優勝旗を手渡す久米淳史・上武建設安全環境部長(左)=同

 

「ならスポ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ