社会

古寺に満ちる香気、法華寺「ボダイジュの花」

関連ワード:

甘酸っぱい香りを漂わせるボダイジュの小さな花=7日、奈良市法華寺町の法華寺

 奈良市法華寺町の法華寺で、ボダイジュの花が見頃を迎え、上品な甘酸っぱい香りを放っている。

 

 中国原産の落葉高木で、釈迦が悟りを開いたとされる木。しかし、インドでは熱帯産のクワ科イチジク属の木で、中国では栽培に適さないため葉の形が似ているシナノキ科の木をボダイジュとした、とされている。日本には臨済宗の開祖、栄西が中国から持ち帰ったとされている。同寺では、今月上旬に一斉に開花。今月中頃まで楽しめそう、という。

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ