スポーツ

中村が走り幅跳びと400メートルで2冠 - 奈良県中学陸上競技対校選手権大会

関連ワード:

【男子走り幅跳び決勝】6メートル86で大会新を出した中村(田原本北)は400メートルでも優勝し2冠を手にした=橿原公苑陸上競技場

別の写真を見る

 陸上競技の奈良県中学対校選手権大会(奈良新聞社後援)は4、5の両日、橿原公苑陸上競技場で県下66中学の男子484人、女子397人の計881人が参加して開かれた。

 

 男子15、女子12種目のトラックとフィールド競技を行い、男子は走り幅跳びで6メートル86を記録し大会新を出した中村健心(田原本北)が、400メートルでも51秒72で優勝し2冠を手にした。

 

 女子は市川遥南(片塩)が100メートルを12秒82、200メートル26秒21で制し2冠。フィールド競技では日樫由唯奈(室生)が砲丸投げ12メートル82、円盤投げ31メートル17でそれぞれ優勝した。

 

 大会の最終種目となった4×100リレーは、男子は44秒56で白鳳がV。女子は49秒79で片塩が栄冠を手にした。

 

 学校対抗は男子は東大寺学園が43点で、女子は片塩が40点でそれぞれ頂点に立った。

 

 

【女子4×100リレー決勝】後続を離しトップでゴールインした片塩のアンカー=同

 

【男子4×100リレー決勝】バトンを受け取り走り出す白鳳のアンカー=同

「ならスポ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ