スポーツ

あやめ池リトルダンディーズが優勝 - 第37回奈良ちびっ子野球愛好会賞「会長杯」

関連ワード:

【こなべスポーツ少年団―疋田エンゼルス】4回、疋田の木村(右)がランニングホームランで生還=奈良市杏町の南部球技場

別の写真を見る

 第37回奈良ちびっ子野球愛好会賞「会長杯」争奪ちびっ子野球大会(奈良ちびっ子野球愛好会主催、同会主管、県スポーツ少年団、三和住宅、奈良新聞社など後援)は5月29、6月5日の両日、奈良市杏町の南部球技場で行われ、あやめ池リトルダンディーズが3勝0敗で優勝した。

 

 準優勝は2勝1敗のこなべスポーツ少年団、3位はあやめ池ダンディーズジュニア。最優秀選手賞はあやめ池リトルダンディーズの貝野匡斗が獲得した。

 

 初日の第1試合はあやめ池リトルダンディーズが14―1であやめ池ダンディーズジュニアを圧倒。あやめ池リは初回の猛攻で試合を決定づけた。

 

 同第2試合はこなべスポーツ少年団が疋田エンゼルスに7―6の辛勝。こなべは初回に2―2の同点とした後も毎回得点しリードを広げたが、疋田は四回の猛攻で1点差まで詰め寄った。

 

 同第3試合はこなべスポーツ少年団があやめ池ダンディーズジュニアに4―3の辛勝。あやめ池はあと一歩及ばなかった。

 

 最終日の第1試合はあやめ池ダンディーズジュニアが6―1で疋田エンゼルスに快勝。あやめ池は徳田、山本、浦のランニングホームランで得点を重ねた。

 

 同第2試合はあやめ池リトルダンディーズが7―0の三回コールドでこなべスポーツ少年団を下した。

 

 2勝同士の事実上の優勝決定戦となり、二回までは互いに一歩も譲らなかったが、三回にあやめ池は四死球を足がかりに長打攻勢で一気にリードを広げた。

 

 同第3試合はあやめ池リトルダンディーズが9―0で疋田エンゼルスを完封。0―0で迎えた三回、西橋のタイムリーで先制して打線に火がつき、その後は毎回得点で疋田を寄せ付けなかった。

 

 

開会式で「感謝の気持ちを胸に力いっぱい戦うことを誓います」と選手宣誓するあやめ池リトルダンディーズの今中祥太副主将=同

 

優勝したあやめ池リトルダンディーズ=同

 

準優勝のこなべスポーツ少年団=同

 

 

 

 

「ならスポ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ