社会

歴史つなぐ新旧校舎、来春閉校の奈良県大宇陀高で観察会

関連ワード:

巣の回りを飛び交うツバメ=6日、宇陀市大宇陀迫間の県立大宇陀高校

別の写真を見る

 奈良県宇陀市大宇陀迫間の県立大宇陀高校(長谷川元祥校長)で6日、新旧の校舎に巣を作っているツバメと北アメリカ原産のカルミアの花、四つ葉のクローバーの観察会があった。これらはいずれも校舎とともに、来年度から県立宇陀高校に引き継がれる。大宇陀高校は県立高校適正化により、3年生16人の卒業とともに来春閉校予定。この日は3年生7人が参加し、学校の歴史について理解を深めた。

 

 

日米交流の証として植えられたカルミアの花=6日、宇陀市大宇陀迫間の県立大宇陀高校

この記事の残り文字数:630文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「高校・高専」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ