政治

奈良県域水道一体化、広がる慎重論 奈良市会一般質問で課題指摘が相次ぐ

関連ワード:

 奈良県が進める県内27市町村による「県域水道一体化」構想に、果たして参加するのか、否か―。表向き、慎重な姿勢を貫く奈良市の仲川元庸市長を、目下、“支えて”いるのが市議会だ。開会中の6月定例会でも、会派により温度差はあるものの、「参加問題」には慎重な対応・判断を求める意見が多く、6日の一般質問でも公明党や共産党、日本維新の会から今の一体化(案)への問題、課題を指摘する意見が相次いだ。同日、県が呼び掛ける形で、奈良市を含む一部首長が協議する検討部会を、「県域水道企業団設立準備協議会」に設置するための会合が開かれたが、市議会本会議中の仲川市長ではなく代理の出席者を立てた。市議会からは「仲川市長が出席不可能な日に設定し、調整も行われない。本気で協議しようとしてるとは思えない」との声も上がった。

この記事の残り文字数:941文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ