社会

奈良県内でエスコートゾーン初設置 近鉄橿原線の郡山第2踏切

関連ワード:

 奈良県大和郡山市は6日、先月に視覚障害者の女性が電車に接触し死亡する事故があった近鉄橿原線郡山第2踏切にエスコートゾーンを設置すると発表した。

 

 エスコートゾーンは踏切内に白い点字ブロックを設置するもので、視覚障害者団体などが要望していた。設置は県内の踏切では初めて。近隣府県では大阪府内の阪急と南海の踏切数カ所だけに設置されている。

 

 同市によると、近鉄は当初、歩道と車道を分離できない踏切に設置した場合、安全と思って横断中の歩行者が自動車と接触する懸念あるなどと、設置に消極的だった。しかし、先月31日に県や県警、国土交通省などとの会議で国交省の呼びかけに応じ、合意したという。

 

 同市は「歩道は確保できないが、普通車が通行できる2メートル余りの幅を残し、両側にエスコート用の点字ブロックを設置できる」と話している。

 

 設置工事は8日未明に実施する予定。

「大和郡山市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ