社会

市民ら議論活発 JR畝傍駅舎保全へ会合

関連ワード:

JR畝傍駅の歴史などについて報告する米村会長=5日、橿原市内膳町1の同町自治会館すみれホール

 「JR畝傍駅舎の保全・活用を考える会」の初会合(NPO法人八木まちづくりネットワーク主催)が5日、奈良県橿原市内膳町1丁目の同町自治会館すみれホールであり、市民ら約40人が参加して同駅の保全・活用に向けたアイデアなどを出し合った。

 

 県建築士会長の米村博昭さんと同NPO法人理事の太田隆司さんが「JR畝傍駅舎の歩み」と題して、同駅の歴史や2019年に実施された同駅活用検討ワークショップで出た同駅と周辺地区の現況や課題などを報告した。

 

 参加者との質疑応答では、「JRの大和まほろば線を観光資源として活用するという広い視点も必要では」「市の部局の一部、例えば観光課を駅舎に持ってきてはどうか」などの声があった。これに対し、太田さんは「これからも、市民や市関係者など、誰もが自由に参加して議論できるようにしていきたい」と話した。

 

「地域コミュニティー」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ