社会

奈良県内で山岳遭難増 「登山届」の提出、早期発見の鍵に

関連ワード:

昨年9月に下北山村で発生した山岳遭難で救助活動する県警機動隊員(県警提供)

 奈良県吉野から和歌山県の熊野本宮大社まで続く「大峯奥駈道」。縦走するには数日かかるため、5月の大型連休(GW)期間中は登山者でにぎわった。しかし、奥駈道は修行場としての山道で険しい場所も多く、毎年山岳遭難が発生し死傷者も多い。今年もGW中に縦走に出掛けた千葉県の60歳代男性が、登山道から約150メートル下の山林で遺体で発見された。また、近年、葛城山など県内の比較的低い山での事故も多数発生しており、県警は登山者に対し十分な計画や装備、登山届の提出などを呼び掛けている。

この記事の残り文字数:858文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「防災・減災」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ