社会

奈良県職員自殺で賠償命令 奈良地裁判決「過重業務で心身に負担」

関連ワード:

奈良地裁での判決後、心境を語る西田幹さんの父親の裕一さん(右)と母親の隆子さん=31日、奈良市中筋町の奈良弁護士会館 

 2017年5月に奈良県庁の主査だった西田幹(つよし)さん=当時35歳=が長時間の過重労働が原因で自殺した問題で、西田さんの両親が県に約1億207万円の支払いを求めた国家賠償請求訴訟の判決が31日、奈良地裁(寺本佳子裁判長)であった。寺本裁判長は、県に慰謝料など計約6810万円(両親にそれぞれ約3405万円)の支払いを命じた。

この記事の残り文字数:811文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「裁判・紛争」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ