経済

4月の奈良県内有効求人倍率、前月比ほぼ横ばいの1.24倍

関連ワード:

 奈良労働局が31日に発表した4月の奈良県内有効求人倍率(季節調整値)は、前月から0.01ポイント増の1.24倍と、ほぼ横ばいとなった。同局は「有効求人倍率は増加傾向にあるものの、求職者が高水準にあり、引き続き厳しさが見られる。新規求人は長期的に増加しているが、資源価格や原材料費などの高騰や新型コロナウイルス感染症が雇用に与える影響に注意する必要がある」としている。

この記事の残り文字数:468文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「労働・働き方・賃金」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ