政治

奈良県市長会が奈良県域水道一体化で意見交換

関連ワード:

奈良県域水道一体化について率直な意見を交わした臨時の奈良県市長会=27日、大和郡山市北郡山町のやまと郡山城ホール

 奈良県域水道一体化事業に対する率直な意見交換を目的とした、臨時の奈良県市長会が27日、奈良県大和郡山市北郡山町のやまと郡山城ホールで開かれた。会議は非公開で行われ、終了後に取材に応じた会長の並河健天理市長は「コミュニケーション不足によって互いに意見交換できないまま、袂(たもと)を分かつことがあってはならない。28市町村にとってより良い広域化を実現するため、市長会として意思疎通を補う役割を果たしていきたい」と意義を強調。奈良市の仲川元庸市長も「県からも部会設置の提案があり、柔軟に議論しようという雰囲気になってきた。ここから議論が進んでいくのでは」と期待を寄せた。

この記事の残り文字数:733文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「重点施策」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ