社会

力作ジオラマついに公開 西大和学園中・高生が王寺駅再現

関連ワード:

鉄道模型を動かす西大和学園鉄道研究部の部員ら=16日、王寺町久度2の町地域交流センター

 昭和30、40年代ごろの国鉄・近鉄王寺駅とその周辺を再現したジオラマが16日、奈良県王寺町久度2丁目の町地域交流センターで披露された。

 

 制作したのは西大和学園中学・高校(河合町薬井)の鉄道研究部(33人)。王寺町から依頼され、2020年11月から週3回程度、放課後の2~4時間ほど活動。完成後、コロナ禍で延期されてきたが、近鉄生駒線・旧東信貴鋼索線の開業100周年の日にあわせて発表された。

この記事の残り文字数:305文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「地域コミュニティー」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ