歴史文化

斉明天皇の運河「狂心渠」解説、奈良で考古学講座

関連ワード:

「日本書紀」に出てくる「狂心渠」について語る相原准教授=21日、奈良市三条町のエヴァンズキャッスルホール

 古都伝承プロジェクト実行委員会主催(奈良新聞社後援)の2022年度考古学講座「飛鳥の遺跡が語るもの」(全6回)の第1回が21日、奈良市三条町のエヴァンズキャッスルホールで開かれた。奈良大学文学部文化財学科の相原嘉之准教授が「斉明の造った壮大なる運河『狂心渠(たぶれごころのみぞ)』」と題して講演。奈良県内外の歴史ファン約15人が聞き入った。

 

 相原准教授は「日本書紀」斉明2(656)年の記事に出てくる狂心渠について「『宮東山』(飛鳥宮東方にある酒船石遺跡)の石垣に使う『石上山石』(奈良県天理市北方の豊田山で採れた天理砂岩)を運ぶために、天理から飛鳥まで掘られた運河」と説明。狂心渠の復元経路を示した上で、狂心渠の本質は「下ツ道の側溝を運河規模に拡幅したもので、河川を整備したものといえる」と語った。

 

 また、狂心渠は藤原宮造営にも利用されたとして、相原准教授は「狂心渠の造営意義は大きく、斉明天皇は先見の明があったともいえる」と話した。

 

 相原准教授と奈良市観光大使の加藤陽香さんとの対談もあった。

「考古学」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ