社会

奈良県川上村で発見された遺体の身元判明

関連ワード:

千葉県の会社員、藤井弘司さん(67)

 

 15日午前、奈良県川上村高原の山中で発見された男性の遺体の身元について、吉野署は19日、DNA鑑定の結果、千葉県市川市北国分3丁目の会社員、藤井弘司さん(67)と判明したと発表した。死因は頚髄(けいずい)損傷。

 

 同署によると、藤井さんが見つかったのは山上ケ岳の女人結界門から東へ約200メートルの山林内で、登山道から約150メートル下でリュックサックを背負ったままうつぶせに倒れていた。藤井さんは登山道から転落した際に首の骨を折ったとみられる。

「事故・事件」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ