教育

いじめ見逃しゼロに - 奈良県いじめ対策連絡協議会

関連ワード:

冒頭であいさつする千原会長(左)=19日、奈良市登大路町の県文化会館

 本年度第1回の奈良県いじめ対策連絡協議会が19日、奈良県奈良市登大路町の県文化会館であった。会長の千原雅代天理大大学院教授を含む委員13人が出席。「いじめモニタリングシステム」の進捗(しんちょく)状況や、いじめ防止に向けた県の取り組みについて協議した。

 

 いじめを見逃さないための「いじめモニタリングシステム」は、同会代表代理の戸田有一大阪教育大学教授が中心となり昨年度から開発中。いじめ被害の兆候について共通の判断基準を設け、気付きをオンラインで共有。データを蓄積し、見守りや対応につなげていく構想だ。

この記事の残り文字数:211文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「いじめ問題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ