歴史文化

【動画あり】命に慈愛を「うちわまき」 - 唐招提寺

関連ワード:

鼓楼からうちわをまく僧侶=19日、奈良市五条町の唐招提寺

別の写真を見る

 奈良市五条町の唐招提寺(岡本元興長老)で19日、ハート形のうちわ「宝扇」をまく伝統行事「うちわまき」が営まれた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため関係者のみで実施された。

 

 鎌倉時代の同寺中興の祖、覚盛(かくじょう)上人が蚊を殺そうとした弟子に「われわれと同じ魂を持った生き物だ」と諭したという故事にちなみ、上人の没後に蚊を払う宝扇を供えたのが始まり。

 

 上人の遺徳をしのぶ「中興忌梵網会(ぼんもうえ)」の法要後、僧侶2人が鼓楼(国宝)の上から宝扇約50本をまいた。宝扇には病魔よけのご利益があるとされ、鼓楼下で構える寺の関係者約20人が手を伸ばした。

 

 3年続いて規模を縮小しての行事となったが、石田太一執事長は「安全第一に努め、実施できて良かった。感染が早く落ち着き、すべての生命が安心して暮らせる世界になるよう祈りながら行いました」と話した。

 

「伝統行事」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ