教育

山辺高校内で茶摘み体験実習

関連ワード:

茶摘み体験実習で、大和絣を着用してお茶を摘む生徒=18日、奈良市都祁友田の県立山辺高校

 奈良市都祁友田の奈良県立山辺高校内にある茶畑で18日、「茶摘み体験実習」が行われ、生徒45人が茶摘みを体験した。同校の恒例行事だが、新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの実施。収穫した茶葉は製茶後、販売されるという。

 

 収穫したのは2年生の授業「茶の栽培と文化」を通して栽培された茶葉。2~3年生は機械を使って収穫し、1年生は手摘みを体験した。代表の生徒は大和絣に茜だすきを掛けた茶娘の姿になり、茶摘みの風景に花を添えた。

 

 手摘みを体験した同校1年の小沢颯太さん(16)は「茶摘みをしたのは今日が初めて。最初は難しかったが、慣れたら楽しい」と話した。

「高校・高専」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ