社会

多様な花に目移り 下市「大和ばら園」が見ごろ

関連ワード:

色とりどりのバラが咲くほ場=15日、下市町阿知賀の大和ばら園

 奈良県下市町阿知賀のバラ苗生産「大和ばら園」(桝井紀行代表)で、色とりどりのバラが見ごろを迎えた。開花期の6月上旬ごろまでほ場を見学できる。

 

 約400種計5千鉢が次々と開花している。「バラほど色や形のバリエーションが豊富な花はないと思います」とバラを育てて約50年の2代目桝井紀彦さん(77)。

 

 開発中の新品種などは非売品だが、一部の鉢は直売(1500円~)もしていて愛好家らが次々と来園。「目移りしてしまう」と行ったり来たりしながら好みの花を選んでいる。

 

 開園は午前9時ごろ~午後5時ごろ。開花中は無休。問い合わせは、桝井さん、電話090(1440)6548。

 

「観光・催し」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ