歴史文化

壁画の発見振り返る 高松塚古墳テーマ、五條で講演会

関連ワード:

明日香村教育委員会から講師を招き、古代史に興味を深めた講演会=18日、五條市中之町の市立牧野公民館

被葬者の考察も

 

 高松塚古墳壁画発見から50年で、同古墳とその被葬者をテーマにした市民有志企画の歴史講演会が18日、奈良県五條市中之町の市立牧野公民館であり、県内外から96人が参加した。

 

 明日香村教育委員会文化財課の長谷川透・主任技師(42)が講演。1972年発見当時の写真とともに日本人が初めて古墳壁画に遭遇した興奮を振り返り、長谷川さんも参加した古墳本体発掘調査の成果を解説。漆塗り木棺と棺台を再現した最新のイメージ画なども紹介した。

この記事の残り文字数:325文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「古代」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ