社会

初夏感じる青と白 奈良の町屋で山本さん作陶展

関連ワード:

琳派風に絵付けした山本さんの作品が並ぶ会場=奈良市紀寺町の貸し町屋「木屋」

 陶芸家の山本義博さん=奈良県高取町、明日香窯=の作陶展「琳派・RIMPA(りんぱ)」が、奈良市紀寺町の「ギャラリー艸(くさ)小路」の貸し町屋「木屋(きや)」で開かれている。23日まで。入場無料。午前11時から午後5時開場(最終日は午後3時まで)。問い合わせは山本さん、電話090(1370)0737。

 

 琳派は大和絵の伝統を基に、豊かな装飾性を持つ造形芸術の流派や作品。本展では草や花の文様などを、茶わんや大小の鉢、花器、水差しなどに琳派風に絵付けした作品約120点を展示。季節感を重要視して爽やかなブルーや白系の作品が中心となっている。

この記事の残り文字数:193文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「美術・音楽・芸術」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ