政治

奈良県域水道一体化で前向き意見なし - 奈良市会委

関連ワード:

 奈良県と奈良市の見解の相違が明らかになりつつある県域水道一体化問題について、市議会建設企業委員会(松石聖一委員長)は17日、自民、公明、共産、日本維新の会の政党4会派が質疑を行ったが、市の事業への参加を後押しする意見は出なかった。このうち、維新は大西淳文氏が「今の県の構想には反対」と立場を明確にした。市は20日に「市の一体化の参加の是非を検討するに当たり、学識経験者等から幅広い意見を聴取する」(市企業局)として「市県域水道一体化取組事業懇談会」(11人)を設置、検討を始める。

 

 自民は山本憲宥氏が送配水施設や緑ケ丘浄水場、導水路の更新計画の策定状況等をただし、一体化に参加せず市単独で水道事業を継続した場合でも、更新投資を確実に行えるのか聞いた。

この記事の残り文字数:1,003文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ