社会

近鉄が24年秋に新型一般車両導入

関連ワード:

鮮やかな赤色を使った外観(近鉄提供)

別の写真を見る

 近畿日本鉄道(=近鉄、大阪市)は17日、2024年秋に新型一般車両(4両、10編成分)を導入すると発表した。同社の新型一般車両の導入は2000年のシリーズ21車両以来24年ぶり。昭和40年代に製造した車両450両のうち、利用状況により必要分を置き換える計画で、今回は第1弾となる。

 

 新型車両の特徴は、車内防犯対策として防犯カメラや車内通報装置を設置。また、バリアフリー対策として、転落防止幌(ほろ)を編成先頭部にも設け、床面の高さを下げてホームとの段差を低減する。

この記事の残り文字数:379文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「交通・インフラ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ