社会

ロボティックアーム手術支援システム 奈良県内で初導入 - 葛城の吉本整形外科・外科病院

関連ワード:

県内初導入のロボティックアーム手術支援システム=葛城市疋田の吉本整形外科・外科病院

 奈良県葛城市疋田の吉本整形外科・外科病院(吉本雅俊院長)は昨年、国内初承認となる整形外科でのロボティックアーム手術支援システムを県内で初めて導入した。人工の股関節や膝関節を設置する手術で、傷んだ骨を削るために使用され、同病院では医師がコンピューター制御されたロボットの腕(アーム)を操作する。正確で安全な施術に加え、術後の患者の身体的負担の低減なども確認されている。新しい手法として将来的な普及が見込まれ、注目を集めている。

 

 同病院が導入したのは米ストライカー社が手掛ける「Mako(メイコー)システム」。2020年末時点で世界29カ国に1000台以上導入され、40万件以上の手術実績がある。国内では大阪府や兵庫県など関西8施設を含む33病院で採用されている(同時点)。

この記事の残り文字数:547文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「保健・医療・福祉」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ