歴史文化

東大寺大仏殿の液体痕跡を除去

関連ワード:

液体痕跡を除去する文化財保存修理の技術者=16日、奈良市雑司町の東大寺大仏殿

 奈良市雑司町の東大寺大仏殿(国宝)で液体のようなものがかけられた痕跡が見つかった事件で、同寺は16日、痕跡の除去作業を行い、報道陣に公開した。

 

 文化財の保存修理を専門とする「国宝修理装潢師(そうこうし)連盟」加盟工房の技術者が作業。液体痕跡を水を含んだ筆でぬらし、浮いた汚れを吸水紙で拭いていった。最後に周囲の色と調和させるため補色した。

この記事の残り文字数:274文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「世界遺産」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ