社会

カモ親子 元気に泳ぐ - 調田坐一事尼古神社

関連ワード:

元気に泳ぐカモの親子=15日、葛城市疋田の調田坐一事尼古神社

 葛城市疋田の調田坐一事尼古(つくだにますひとことねこ)神社の境内の堀で、今年もカモのひな9羽が生まれた。高津和司宮司(62)が14日、親子で元気に泳ぐ姿を確認した。例年、数日過ごした後、近くの川などに移動するという。

 

 高津宮司によると、2005年に初めてカモが産卵に訪れ、数年途切れた時期もあったが、5年前から毎年やって来ているという。今年は4月中旬ごろ、堀にある浮島で親鳥が抱卵するのを目にしていた。

 

 15日、友人に聞いて写真撮影に訪れたという葛城市の志柿堅さん(79)は「コロナやウクライナの問題など嫌な事も多いが、カモ親子の光景にほっとさせられた」と話した。

 

 同神社では、カモがいる間の期間限定で、カモ親子のスタンプが入った特別御朱印を授与。高津宮司は「(カモの訪れは)御神徳によるもの。子育ての様子に癒やされてもらえれば」と話している。

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ