社会

奈良県、ワクチン広域接種会場を継続 「3回接種に一定効果」 - 新型コロナ

関連ワード:

 新型コロナワクチン接種の促進で県は5、6月も広域接種会場を開設、市町村の取り組みを支援する。県内で3回目接種を終えたのは11日現在、全年代で75万8668人(県人口の56.42%)。このうち2月25日から始まった県の広域会場は、4月末までに1万2535人の接種を担った。県は、接種推進に一定の効果が出ているとし、5月以降も取り組みを継続。今月下旬から開始予定の4回目接種の準備と併せ、奈良市の県文化会館を会場に5、6月で計7200人の3回目接種を目指す。

 

 県独自の広域接種は、県文化会館と大和高田市の県産業会館を会場に、2~4月に合わせて42日間を設定して実施。4月中旬からは対象者を県内在住者だけでなく、県内に通勤・通学する人にも拡大、当日予約も受け付けるなど、促進に取り組んできた。

この記事の残り文字数:843文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「新型コロナ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ