社会

川上の169号で崩土 通行止め、復旧は未定

関連ワード:

崩れた土砂が道路をふさいだ現場=13日、川上村大迫(奈良県提供)

 13日午後8時20分ごろ、川上村大迫の国道169号で、山側の斜面が崩れて道路をふさいでいると、村役場から県吉野土木事務所に通報があった。県によると、崩土の規模は長さ20メートル、高さ15メートル、幅9メートル。崩れた土砂が路面全体をふさいでおり、復旧の見通しは立っていない。現場は通行止めで、国道168号などへの広域迂回(うかい)となる。

 

 吉野署によると、埋もれた車やけが人はないとみられる。現場は大迫ダムの堤防近く。大型の道路標識も土砂に押されて倒れている。

「災害」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ