政治

共産党県委、県議選第1次公認候補は現4元1の5人

関連ワード:

 共産党県委員会(細野歩委員長)は13日、任期満了に伴い、来春に実施される予定の県議会議員選挙の第1次公認候補を発表した。

 

 立候補を予定しているのは現職4、元職1の計5人。奈良市・山辺郡区の山村幸穂氏(67歳、6期)と小林照代氏(82歳、3期)、北葛城郡区の今井光子氏(67歳、7期)、大和高田市区の太田敦氏(50歳、3期目)の現職4人と、元職の宮本次郎氏(47歳、3期)を生駒郡区に擁立する。

 

 この日、県庁で記者会見した細野委員長は「県民の命、暮らしを守る党議員団の骨格を作っていきたい」と話した。

「地方選挙」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ