社会

第7波見据えた教訓を~本紙記者のコロナ体験記

関連ワード:

5歳の長男が最初に感染

別の写真を見る

 新型コロナウイルスの「第6波」も収束傾向となり、コロナ下で初めての行動制限のない大型連休は県内の観光地でも多くの人で賑わった。しかし、人の移動が増えて感染が再び広がる懸念もある。「第7波」を見据え、今できることはないだろうか―。第6波で家族全員が感染した本紙の女性記者(5歳の息子、夫と3人暮らし)が、体験を振り返った。

 

 

■5歳の息子が最初に発熱

 

 2月下旬、わが家にコロナの波がきた。当時は県内の新規感染者数が連日1000人を超え、在宅勤務を増やし警戒していたさなか。週末の外出はスーパーへの買い出しにとどめ、夫と私はワクチンを2回接種済みで3回目を待ち望んでいた。

 

 月曜の夕方に長男(5歳)が保育園で発熱。「39・4度の熱がある」と連絡を受け、あわてて当日受診できる病院を探す。大きな病院の発熱外来には夕方診療がなく、第6波のさなか、町の診療所は何度かけてもつながらなかった。

この記事の残り文字数:3,539文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「新型コロナ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ