経済

春日鹿まんじゅう「かのこ」に瀬戸内レモン味が登場

関連ワード:

新発売の瀬戸内レモン味の「春日鹿まんじゅう『かのこ』」

 「春日鹿まんじゅう『かのこ』」を製造、販売している和菓子店「柳松庵」(奈良市雑司町、柳沢育代社長)は、これまでの白あん、カスタード、チョコレートに加え、新作の「瀬戸内レモン味」の販売を始めた。レモンの爽やかな香りと果肉を生かして、さっぱりと食べやすくしたのが特徴。夏にかけて幅広い層へ浸透を図る。

 

 鹿の形をした「かのこ」は2016年9月に発売され、1年間で約20万個を販売。奈良観光の土産だけでなく、結婚式の引き出物や仏事の供え物としても利用されている。

この記事の残り文字数:239文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「新商品・新開発」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

「朝鮮美術の精華」展の招待券

楊柳観音図 高麗時代 大和文華館蔵
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ