経済

奈良中央信金が王寺町に寄付、企業版ふるさと納税活用

関連ワード:

平井町長(右)に寄付目録を手渡す高田理事長=11日、王寺町役場

 奈良中央信用金庫(田原本町、高田知彦理事長)は11日、王寺町が産官学で取り組む「オリーブプロジェクト」に、企業版ふるさと納税を活用して100万円を寄付した。同金庫による企業版ふるさと納税は、橿原市に次いで2例目。

 

 同町は特産品をつくるため、ヤマトファーム(同町)、大阪産業大学と連携して同プロジェクトを展開。大和川の南側に位置する「まほろばオリーブ園」(同町南元町2丁目付近)では、約2万5000平方メートルの町有地で約960本のオリーブを栽培している。今秋には約2000キロの収獲を見込み、来年にはオリーブオイルなどとして製品化を目指している。

この記事の残り文字数:152文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「農林水産・食」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ