政治

通学路に「安全」を 危険箇所の点検結果、デジタルマップ作成

関連ワード:

 大津市で散歩中の保育園児らの列に軽乗用車が突っ込み、園児2人が死亡、14人が重軽症を負った事故から3年。子どもたちを予期せぬ事故から守ろうと、県教育委員会はこれまで実施してきた通学路の危険箇所の点検結果を集約したデジタルマップを作成し、本年度からの活用に向けて準備を進めている。県教育委員会健康・安全教育課は「個別に集めた情報を見える化することで情報を有効活用し、子どもの安全を守る取り組みにつなげてほしい」と話している。

 

 県や県教委は12年に京都府亀岡市で集団登校中の児童らの列に軽乗用車が突っ込み、10人が死傷した事故を受け、同年度から年1回、行政や県警、地域住民らが連携して危険箇所の点検を実施。交通安全、防犯、防災の三つの観点から点検し、対策を進めてきた。

この記事の残り文字数:620文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「防犯・交通安全」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ